眼精疲労

この様なことで
お困りではありませんか?

  • 眼のかすみ
  • 眼の渇き
  • 眼の異物感
  • 眼の奥の痛み
  • まぶたの痙攣

眼精疲労とは?

眼は近くを見る時は副交感神経、近くを見る時は交感神経というように、自律神経によって支配・調節されています。
この遠近のピントを合わせるために水晶体というレンズのような物の厚さを切り替える”毛様体筋”がスマホやパソコンなど近い物を見る場合ずっと縮んでいるので疲労感が出てきてしまうのです。

眼精疲労
主な原因と放置しておくとどうなるか

前述したように緊張状態が続くことで、自律神経の切り替えも上手くいかず自律神経の乱れやそれに伴う頭痛、肩こり、吐き気、眼のかすみ・渇き・異物感・痛みピントが合わないことで首を前に出すなど代償動作による姿勢不良(前方頭位・猫背・ストレートネック)、肩こり、頭痛、視力低下など様々な症状に発展してしまいます。

眼精疲労における
F.C.C.蒲田鍼灸整骨院
具体的な施術方法について

マッサージによって眼周囲や頭部、肩、首など眼に通っている血流の改善を促します。
鍼通電治療により筋肉の緩みを作りだし関節・筋などの自然回復力を引き出します。
骨格嬌正により悪くなっていた姿勢を改善し背骨を整えることで身体に知らず知らずのうちにかかっていたストレスを減らすことで治療効果の持続力UPを図ります。

F.C.C.蒲田鍼灸整骨院の来院方法について

当院は予約優先制になっております。
まずはお電話で予約状況をご確認ください。
また、当院の公式LINEやGoogleからでもご予約も承っております。