주부라이프

こんばんわ、蒲田整骨院です!

「肩こり」

悩んでいる人は多いと思います。

もう治らないと諦めている人も多いと思います。

しかし、原因を追求してしっかりとした処置が出来れば必ず改善します!

肩こりには色々な原因があります。

その一つは不良姿勢で、姿勢にも様々なタイプがあります。

姿勢が悪くなると、肩コリや腰痛になりやすいです。

それには頭の重さが影響しています。

人間の頭の重さは、体重の1割もあります。

頭が理想的な位置にあると、大きな負担は掛からないのですが姿勢を悪くすると、頭を筋肉で支えようとします。

筋肉は使うと収縮して緊張します。血管や神経は圧迫を受けやすくなって、身体の不調が出やすくなります。

では、肩こりに繋がりやすい姿勢をご紹介したいと思います。

1.真っすぐ背中のフラットバックタイプ

骨盤が後ろに傾いていて太ももの前の筋肉が伸びている姿勢です。

これによって背骨にできるS字カーブが少なくなり、平らな背中になります。

頭はバランスをとろうと前へ突き出しているので

背中から首の筋肉は引っ張られ負担が掛かりやすくなります。

お尻の筋肉や腹筋が弱い人に多いですね。

2、ぽっこりお腹の猫背タイプ

ももの筋肉が硬くなって骨盤が前に倒れている状態です。

骨盤が前に出ているのでバランスを保とうと腰は強く反ってしまいます。

腰が強く反っているのでお腹はぽっこり出ているように見えます。

腰が反ったままだと身体は後ろに倒れてしまうのでさらにバランスをとろうとします。

その結果猫背になってしまうんですね。

3、前に弓反りのスウェイバックタイプ

①背中の上の方が丸まってしまい、首が前に出てしまいます。

②前側にある骨盤を起こす働きをしている筋肉が 弱くなっている事で、骨盤が後ろに傾いてしまいます。

このことから胸の筋肉が落ちてしまったり、膝が反ったりしてしまい肩こりだけではなく、腰痛や膝の痛みなどにも繋がります。

4、軍隊タイプ

肋骨が前に突き出ており、骨盤も前に傾いてしまっています。

これによって身体のバランスを保つために、腰の筋肉が緊張し、太腿のハリが強くなります。

こうなると本来身体にあるべき生理的湾曲のS字カーブが失われてしまい、上から下までまっすぐな状態ができてしまいます。

この状態になると聞いた事もあると思いますがストレートネックと呼ばれる状態になります。

そうなってくると普段以上に首や肩周りへの負担になりやすくなります。

こんな姿勢になる前に身体の調子は整えるようにしましょうね!

F.C.C.蒲田整骨院では症状に対して、どういった状況であるか細かく問診・検査し専門の治療家が症状安定へのプロセスを導きます。

また、ライフスタイルや使用頻度等も考慮し適切な通院指導も提案させていただきます

大田区の蒲田、大森、梅屋敷、川崎エリアのマルエツ蒲田店2階のF.C.C.蒲田整骨院では一人一人に合わせた治療、通院指導を行っております。今お困りの症状、諦めずに一度私たちにお気軽にご相談下さい!!

F.C.C.蒲田整骨院情報

F.C.C.蒲田整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 F.C.C.蒲田整骨院
所在地 〒144-0052 東京都大田区蒲田5-47-7 マルエツかまた店2F
電話番号 03-6424-9989
休診日 木曜日
診療時間 【全日】10:00~20:30 最終受付20:30
アクセス方法 【電車】東急池上線/京浜東北線/東急多摩川線 蒲田駅東口より徒歩5分
診療時間
10:00~20:30


// PC・タブレット(スマートフォン以外)で表示させたい内容