肩こりに悩んでマッサージをしている人は増加しています。

毎日の暮らしで肩こりに悩まされている人は多々あるでしょう。

業務や子育て、家事などで時間のない女子にも肩こり患者は多々あるはず。

今頃では、小学生などでも肩こりに悩んでいる子がいるそうです。

肩こり患者はどんどん増加してきているのです。

肩こりの決着法と言えば、最高に考え浮かぶのが「マッサージ」ですね。

このところでは、マッサージの専門店も増加しましたね。

それだけ肩こりに葛藤する人が多々あるという事でしょう。

自身で可能な肩こり解決法「マッサージ」を整理しました。

業務の休息時や子育ての合間にちょっと試してみてください。

アナタの肩もちょっとは軽くなるはずですよ。

マッサージの前に知っておこう!肩こりとは?

肩こりは人類が二足歩行を開始出来た頃からどんどんつき合ってきた症状だと言われています。

他にも、農業が行われるようになると肩こり患者は急激に増加したそうです。

そのような付き合いである肩こりと、私達人間は切っても切れない間柄だという事です。

ならば、少なくともマッサージなどの決着法でちょっとでもマシにしたいものですね。

肩こりの症状は?マッサージで良くなるのでしょうか?

肩こりの症状は、肩周辺の筋肉がこわばり、重苦しく感じる事が主です。

ひどい人だと首や肩甲骨、背中まで痛さを感じるのです。

定期的感じる症状なので、肩こりなんてそのようなものだと放っておくのはいけません。

デフォルト放っておくと、手のしびれや頭痛、目の奥の苦しみなどを引き起こす見込みもあります。

肩こりを重症化しないためにも、自身で可能な肩こり落着法を充分にと知っておく事が大事なのですね。

手っ取り早くなマッサージは空き時にパパッと可能なので推奨の落着法です。

今後肩こりのきっかけと自身で可能な手軽になマッサージのメソッドを整理していくので、ポイントにしてみてくださいね。

真っ先に、一つ目のきっかけは「同じ姿勢を続ける事」です。

デスクワークの人が長時間同じ姿勢でPC作業を続けるなどがその例ですね。

長時間の読書や同じ姿勢での立ち業務など、多彩な場面で「同じ姿勢を続ける」シーンがありますね。

では、なぜ同じ姿勢を長時間続けると肩こりが起こるのでしょうか。

PC作業を長時間同じ姿勢で続けたり、読書を続けていると、肩周辺の筋肉がこわばり、血流が悪くなります。

血流が悪くなると肩周辺の老廃物が流れて行かずに肩に溜まっていきます。

それらが肩の神経を刺激する事で、肩こりを感じるようになるのです。

血流の悪さが肩こりのきっかけだったのですね。

目の疲れも肩こりのきっかけに!マッサージで疲れを癒そう

二つ目の肩こりのきっかけは「目の疲れ」です。

PCや読書、携帯ゲームなどを長時間続けていると目が疲れたと感じる事はないですか?その目の疲れが肩こりを引き起こしている見込みがあります。

加えて、今の時代増加しているドライアイも目の疲れのきっかけになります。

ドライアイは目の涙の量が不足したりする病です。

目と肩は離れているのに現実に目の疲れが肩こりのきっかけになるの?と思う人もいるでしょう。

目と肩は位置が離れていますが、血流を一考すると密接につながっているのです。

目が疲れると周辺の筋肉がこわばり、血流が悪くなります。

血流が悪くなり溜まった老廃物は、肩こりにも影響を与えるのです。

運動不足が肩こりのきっかけに!マッサージと運動を。

三つ目の肩こりのきっかけは「運動不足」でおこります。

業務が慌しい人や子供の世話中の人は、運動したくてもわりと時が取れない事も多々あるでしょう。

だからといって、運動不足のままでいると肩こりがひどくなってしまう事もあるのです。

では、運動不足だとなぜ肩こりになるのでしょうか。

運動不足が肩こりのきっかけになる所以を整理します。

血流が良くなる肩こり解決マッサージとは?

運動不足や筋力の低下は程よく運動をする事で決着可能でしょう。

業務で忙しく運動する暇がないという人は、駅や事務所の昇り降りに階段を使用するようにしてみましょう。

他には、いつも降りる駅の1つ前で降りて歩いて帰るというのもいいですね。

ちょっとの意識で運動する機会は豊富に到来しますよ。

あまりにも頑固な肩こりや腕が上がらないなど、症状が強い場合は、大田区の蒲田、雑色、六郷、川崎、梅屋敷エリアのマルエツかまた店2FにあるF.C.C.蒲田整骨院にご相談ください!

当院では、マッサージや鍼治療で筋肉の緊張をとり、無理なく徐々に肩本来の動きを取り戻していきます。

大田区の蒲田、雑色、六郷、川崎、梅屋敷エリアのマルエツかまた店2FにあるF.C.C.蒲田整骨院では、

症状に対して、どういった状況であるか細かく問診・検査し専門の治療家が症状安定へのプロセスを導きます。

また、ライフスタイルや使用頻度等も考慮し適切な通院指導も提案させていただきます。

肩こり・腰痛でお悩みの方ぜひ一度、大田区の蒲田、雑色、六郷、川崎、梅屋敷エリアのマルエツかまた店2FにあるF.C.C.蒲田整骨院にご相談ください!

 

 

F.C.C.蒲田整骨院情報

F.C.C.蒲田整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 F.C.C.蒲田整骨院
所在地 〒144-0052 東京都大田区蒲田5-47-7 マルエツかまた店2F
電話番号 03-6424-9989
休診日 木曜日
診療時間 【全日】10:00~20:30 最終受付20:30
アクセス方法 【電車】東急池上線/京浜東北線/東急多摩川線 蒲田駅東口より徒歩5分
診療時間
10:00~20:30


// PC・タブレット(スマートフォン以外)で表示させたい内容