こんにちは!

蒲田、大森、梅屋敷、糀谷、川崎エリアのマルエツ蒲田店2階にあるF.C.C.蒲田整骨院です!

今回は足の裏の痛み、足底筋膜炎について書きたいと思います。

蒲田、大森、梅屋敷、糀谷、川崎エリアのマルエツ蒲田店2階にあるF.C.C.蒲田整骨院では表面化された症状だけではなく、症状の原因を探り、根本的な治療を主体としております。

0213_LL-300x199

歩いている時に足の裏が痛くなってくる、朝起きた時の一歩目が痛い、そんな症状がある方はもしかしたら足底筋膜炎かもしれません。

足底筋膜炎はかかとの骨から足の指の付け根に向かって張っている膜状の組織で、そこに炎症が起きてしまうことを足底筋膜炎と呼びます。

足底筋膜は足のアーチの保持にも働く重要な組織であり、衝撃の吸収や歩行時のバランスにも大きく関与します。

40~50歳代以上の方や、スポーツ選手で起こることが多い障害です。かかとの骨の内前方や足の裏の中央に痛みが起き、特に歩いていて足を蹴り出すときに痛みを感じる方が多いです。また、朝起きてからの一歩目や、長時間座った後に歩き出した際にも痛みが出ることがあるのが特徴です。

どうして痛みが出るのかというと一番の原因は使い過ぎ(オーバーユース)が挙げられます。

歩行やランニング、ジャンプなどで足底筋膜に繰り返し負荷がかかり、損傷や炎症を引き起こします。

これらが原因で負荷の大きい運動を繰り返すスポーツ選手や、年を重ねて負担をかけてきている40歳代以降の方に多くみられます。

また、

①足の指の力が弱い

②ふくらはぎの筋肉が硬い

③歩く時、かかとが離れるのが遅い→歩いているとき体重が後ろに残っている感じがする方は、かかとが離れるのが遅くなっていることがあります。

これらがあると足底筋膜への負荷が大きくなるため、足底筋膜になりやすいです。

気になる方はぜひ当院にお任せください!

F.C.C.蒲田整骨院情報

F.C.C.蒲田整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 F.C.C.蒲田整骨院
所在地 〒144-0052 東京都大田区蒲田5-47-7 マルエツかまた店2F
電話番号 03-6424-9989
休診日 木曜日
診療時間 【全日】10:00~20:30 最終受付20:30
アクセス方法 【電車】東急池上線/京浜東北線/東急多摩川線 蒲田駅東口より徒歩5分
診療時間
10:00~20:30


// PC・タブレット(スマートフォン以外)で表示させたい内容