こんにちは!

蒲田、大森、梅屋敷、糀谷、川崎エリアのマルエツかまた店2階にあるF.C.C.蒲田整骨院です!

先日はギックリ腰についての記事を書きましたが、今回は日常でよくみられる腰痛を1つ例にあげて書いていきます。

立ち仕事の方、子育て中のママさん、必見です!

 

蒲田、大森、梅屋敷、糀谷、川崎エリアのマルエツかまた店2階にあるF.C.C.蒲田整骨院では表面化された症状だけではなく、症状の原因を探り、根本的な治療をしていくことを主体としております。

 

gatag-00005059

 

ずっと立ちっぱなし、ずっと歩きっぱなしでいたら段々と腰が痛くなってきた。でも座るとラクになるんだよね。

…という経験はありませんか?

 

これ、ずっと長時間立ち仕事が続く方や抱っこヒモでお子さんを抱っこしているママさんなどによくみられる腰痛なんですが、

 

結論から言うと

その痛みの原因はお腹の奥の筋肉にあります!

 

えっ、腰が痛いのにお腹?

と思った皆さんに今から説明させていただきます。

 

お腹には腹筋以外に、腰椎(背骨の腰の部分)の前側にべったりくっついている筋肉があります。

それが大腰筋(だいようきん)と呼ばれる筋肉。焼肉で言うとフィレ肉の部分ですね。

その筋肉が縮んで硬くなると腰椎がどんどん前に前に引っ張られ、腰の反りが出てきてしまいます。

反りが出ることで腰椎の後ろ側、つまり腰や背中の筋肉が引っ張られてしまい、そこで痛みを出してしまうわけです。

 

なぜ立ち仕事やママさんに多いのか?そしてなぜ座ると楽になるのか?

 

特に女性に多いのですが、人ってずっと立っていると段々とカカト重心になってきちゃうんです。

すると身体が「これ以上後ろに倒れないようにしなきゃ!」という反応をして、身体の前側の筋肉が頑張って縮んでくれます。

その結果、上記のように腰の反りが出て腰が痛くなってしまうんですね~。

 

ママさんも同様。

お子さんを抱っこしている時、に限らず重い物を持っている時って、自然と身体を後ろに反らせてませんか?

あとは、はい、言わずもがなですね。

ママさんのツラい腰痛、お察しします。僕の妻がそんな腰痛が出ていて先日治療したばかり。

 

座ると楽になるのは背中が丸まって腰の反りがなくなるからです。

上記の理由で腰痛が出ているのにも関わらず、立ってても座ってても腰痛がある、という方は要注意!

筋肉自体に傷がつき、炎症というケガの反応を起こしている可能性があります。

ケガっていうのは転んだ時とかギックリ腰の時とかだけじゃなくて、筋肉の硬くなったり柔かくなったりの繰り返しで起こることもあるんです。

 

と色々書きましたが、腰痛は痛みの出方も原因も様々です。

心当たりのある方は蒲田、大森、梅屋敷、糀谷、川崎エリアのマルエツかまた店2階にあるF.C.C.蒲田整骨院へご相談くださーい!

 

 

F.C.C.蒲田整骨院情報

F.C.C.蒲田整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 F.C.C.蒲田整骨院
所在地 〒144-0052 東京都大田区蒲田5-47-7 マルエツかまた店2F
電話番号 03-6424-9989
休診日 木曜日
診療時間 【全日】10:00~20:30 最終受付20:30
アクセス方法 【電車】東急池上線/京浜東北線/東急多摩川線 蒲田駅東口より徒歩5分
診療時間
10:00~20:30


// PC・タブレット(スマートフォン以外)で表示させたい内容