こんにちは!

大田区の蒲田、雑色、六郷、川崎、梅屋敷エリアのマルエツかまた店2FにあるF.C.C.蒲田整骨院です。

腰痛がずっと治らない…

痛みがなかなか治まらない…

整形外科で注射してもらったがあまり効果がない…

などなど腰痛でお悩みの方、整形外科では何と診断されましたか?

変形ですか?筋肉的なものですか?それともヘルニアだといわれましたか?

変形では注射などでは痛みは一時的に取れても、変形自体は治りませんし、もっと体のバランスを整えなければまた痛くなってしまいます。

筋肉的なものであれば痛み止めの注射でだいぶ良くなるはずです。注射を打っても痛いという方は、筋肉的なもの以外にも原因があるかもしれません。

ヘルニアと言われた方、ヘルニアは2~3年上手く付き合えば痛みがなくなることがほとんどです。

上手く痛みをコントロールするためには治療をするしかありません。

治療と言ってもシップを貼ったり、飲み薬を飲むことではありません。

筋肉をほぐしたり、動かしたしすることが大切です。

長くなりましたが、今回紹介する腰痛は近年になり新しく提唱された腰痛の概念です。

その概念とは、「上殿皮神経障害」と言います。

o0585063213721045342

出典:http://ameblo.jp/blacjack-drkoto-seitai/entry-12189531155.html

上図の部分の上殿皮神経が絞扼されることで、痛みが生じると言われています。

上殿皮神経障害は一般にはほとんど知られていない病名ですが、近頃はこの上殿皮神経障害によって起こる腰痛が多いのではないかと注目を集めています。

上殿皮神経障害は腰痛の2%を占める程度と考えられてきましたが、現在では12%ほどだという説もあります。

上殿皮神経障害による腰痛は、腰の真中から7~8cm外側あたりが腰をそらす、ひねるなどの運動で痛みが強くなるのが特徴です。また、長く立っていたり、歩いたりすることでも痛くなることがあります。

最近では、上殿皮神経障害に対する有効な理学療法も考案されいるため、まずはリハビリになることが多いです。

ただし、腰痛のなかでも10%程度であるため、頻度はそれほど多いとは言えませんが、MRIなどの画像には映らないため見落とされることも多いのが現状です。

大田区の蒲田、雑色、六郷、川崎、梅屋敷エリアのマルエツかまた店2FにあるF.C.C.蒲田整骨院では局所だけを診るのではなく全体のバランスをしっかりと診て治療しています。

大田区の蒲田、雑色、六郷、川崎、梅屋敷エリアのマルエツかまた店2FにあるF.C.C.蒲田整骨院では、

症状に対して、どういった状況であるか細かく問診・検査し専門の治療家が症状安定へのプロセスを導きます。

また、ライフスタイルや使用頻度等も考慮し適切な通院指導も提案させていただきます。

腰痛でお悩みの方ぜひ一度、大田区の蒲田、雑色、六郷、川崎、梅屋敷エリアのマルエツかまた店2FにあるF.C.C.蒲田整骨院にご相談ください!

 

F.C.C.蒲田整骨院情報

F.C.C.蒲田整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 F.C.C.蒲田整骨院
所在地 〒144-0052 東京都大田区蒲田5-47-7 マルエツかまた店2F
電話番号 03-6424-9989
休診日 木曜日
診療時間 【全日】10:00~20:30 最終受付20:30
アクセス方法 【電車】東急池上線/京浜東北線/東急多摩川線 蒲田駅東口より徒歩5分
診療時間
10:00~20:30


// PC・タブレット(スマートフォン以外)で表示させたい内容