いたたた…この腰痛何とかならないかな。

マッサージや整体に行ってもその時は少し楽になるけどまた出てくる腰の痛み。

腰痛は一生付き合っていかなければならないものとあきらめていませんか?そもそも治療する場所が間違っていたのかもしれません!

 

腰痛の原因にもっとも関係しているのが大腰筋の拘縮です。

大腰筋が拘縮してしまうことで猫背になり、腰部の筋肉に負担がかかり筋肉に疲労が蓄積した結果、腰痛が引き起こされます。

大腰筋とは?

骨盤の内側と大腿骨の内側を結ぶ筋肉。

主に足を上げる際に働く筋肉で、腰の反り方に影響を与えます。

大腰筋と合わせて重要なのが腸骨筋になります。

腸骨筋とは?

骨盤の内側と大腿骨の内側を結ぶ筋肉。

主に足を上げる際に働く筋肉で、骨盤の傾き方に影響を与えます。

大腰筋の役割

大腰筋の役割は次のとおりです。

・股関節を屈曲させる(足を上げたり、上体を前に曲げる)

・直立姿勢の時、骨盤を前傾位置に保つ(姿勢を維持する)

歩く時や走る時など足を上げる時にも大腰筋が働きます。

また、大腰筋の重要な役割として骨盤を自然な位置にキープさせ、背骨の生理的な湾曲(S字カーブ)を作っています。

大腰筋が正常に機能することで姿勢が維持できるのです。つまりは大腰筋が硬くなって正常に働かなくなると猫背になり、腰痛や肩こりなどの原因となってしまいます。

auto_HlYDL3

大腰筋が委縮したり、機能が低下してしまうと骨盤が正しい位置でキープできなくなり、背骨の生理的湾曲が崩れ猫背になってしまいます。

なぜ大腰筋が硬くなるの?

デスクワーク

腸腰筋は股関節を曲げる働きをします。座っている姿勢は股関節が屈曲されている状態であり、腸腰筋が収縮している状態になります。

長時間のデスクワークにより腸腰筋に疲労が蓄積し、縮んだ状態で硬くなってしまいます。

車の運転

長時間の車の運転もデスクワーク同様、股関節が屈曲されている状態が続くので、大腰筋が縮んだ状態で硬くなってしまい腰痛のリスク要因となります。

ヒールの高い靴を履く

骨盤が過前湾となるのと同時に腰椎の前湾も強くなり、反り腰の状態になります。結果、大腰筋が短縮してしまい腰痛の要因となります。

内臓(お腹)の冷え

大腰筋は内臓の後ろ側に位置しているため、内臓を冷やしてしまうと血流が悪くなり大腰筋が硬くなってしまいます。

冷たい飲み物の飲みすぎや、お腹を冷やしてしまう行為は禁物です。

あれ?もしかして私の大腰筋縮んでるかも?

【大腰筋の縮み度合いチェック】

大腰筋が縮んで硬くなってしまうと次のような症状が出ます。
当てはまる項目が多ければ多いほど、大腰筋の拘縮による腰痛の可能性が高くなります。

◆仰向けで寝ると腰が浮いてしまう
◆腰が痛くて仰向けで寝るのがつらい
◆朝起きるときに腰が痛い
◆長時間座った姿勢から立ち上がると、しばらく腰が痛い
◆長時間立っていると、腰が痛くなってくる
◆下腹が出ている
◆背筋をまっすぐにした姿勢が保てない

大腰筋の拘縮が原因で腰痛を起こす理由

腰を曲げると痛む場合

大腰筋が拘縮(縮んで硬くなる)する

大腰筋が縮むと背骨がお腹側に引っ張られ猫背になる

猫背になると、バランスを保つため逆に体を反らそうと背中側の筋肉が働き、負荷がかかり続けることで腰痛が発生する

腰を反ると痛む場合

大腰筋が拘縮(縮んで硬くなる)する

大腰筋の伸縮性がなくなり、腰を反らす時に大腰筋が伸びない

骨や関節に無理な負荷がかかり腰痛が発生する

大腰筋をゆるめて腰痛を改善

拘縮した大腰筋をゆるめて正常な状態に戻すことで腰痛は改善されます

大腰筋のセルフストレッチ1

両足を前後に開き立ち、後ろ脚の膝を床に着けます。
前後の膝は90度くらいに曲げ、後ろ脚の大腿部に同じ側の手を添えます。

後ろ脚の大腿部に添えた手で押し出すようにお尻を前方に突き出し大腰筋を伸ばします。
上の写真の場合は左側の大腰筋のストレッチになります。
呼吸を止めずに30秒を2~3セット行ってください。

大腰筋を正常な状態に戻すことが腰痛改善の鍵になります!

腰痛には大腰筋の拘縮が一番関係しています。

腰痛の治療を受けても時間がたつとまた痛みが出てきてしまう、症状が一向に良くならないという場合は大腰筋が拘縮して痛みを出している場合がほとんどです。

腰痛でお悩みの方は硬くなってしまった大腰筋をゆるめることで腰痛改善につなげていきましょう!。

セルフストレッチなどを行っても症状が良くならないときはF.C.C.蒲田整骨院の治療を受けることをおススメいたします。

腰痛でお困りの方、大田区の蒲田、雑色、六郷、川崎、梅屋敷エリアのマルエツかまた店2FにあるF.C.C.蒲田整骨院ではマッサージ治療だけでなく、ストレッチ治療もやっております。

大田区の蒲田、雑色、六郷、川崎、梅屋敷エリアのマルエツかまた店2FにあるF.C.C.蒲田整骨院では、

症状に対して、どういった状況であるか細かく問診・検査し専門の治療家が症状安定へのプロセスを導きます。

また、ライフスタイルや使用頻度等も考慮し適切な通院指導も提案させていただきます。

腰痛でお悩みの方ぜひ一度、大田区の蒲田、雑色、六郷、川崎、梅屋敷エリアのマルエツかまた店2FにあるF.C.C.蒲田整骨院にご相談ください!

 

F.C.C.蒲田整骨院情報

F.C.C.蒲田整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 F.C.C.蒲田整骨院
所在地 〒144-0052 東京都大田区蒲田5-47-7 マルエツかまた店2F
電話番号 03-6424-9989
休診日 木曜日
診療時間 【全日】10:00~20:30 最終受付20:30
アクセス方法 【電車】東急池上線/京浜東北線/東急多摩川線 蒲田駅東口より徒歩5分
診療時間
10:00~20:30


// PC・タブレット(スマートフォン以外)で表示させたい内容