こんにちは!

大田区の蒲田、雑色、六郷、川崎、梅屋敷エリアのマルエツかまた店2FにあるF.C.C.蒲田整骨院です。

梅雨も終わりに近づきだんだんと暑い日がせまってきてますね。

今日は感情を出すことの大切さについて書いていきます。

5f130e15cf073f42d34cf506b92c4ef0_s

最近で感情を思いっきり出したことはありますか?

大人になるとなかなか感情を出すことが難しくなりますが、我慢のし過ぎは体調不良にも繋がってしまいます。

悲しみや怒りの感情を認めることができてこそコントロールもできるもの。

感情を抑えすぎると、その感情は身体に蓄積され、歪みや痛みの原因となることも。

まずは、自分自身の感情に気づいてあげましょう。

その肩凝りや身体の痛み、もしかしたら感情の抑え込みが原因かもしれません!?

一見関係ないようで、肩こりと「感情」はすごく関連が深いです。

人間は、感情を抑えすぎると、身体が硬くなってしまうと言います。

表現されず流されなかった感情は体内に抑圧されたまま留まります。

そういった負の感情が、体を強張らせ、筋肉を緊張させて、ズシリと重たい肩こりを作るのです。

ced7e3cc7c8c7499250d2b34d09fe209-300x200

 

抑圧された感情は「筋肉に宿る」と言われています。

感情を抑え込まずに怒りたい時は怒り、泣きたい時には泣くということは、非常に大事なことなのです。

と、いっても…人間社会では、なかなかそうもいきませんよね。

ただあまりにも…それこそ筋肉の緊張などでは抑えきれないほど強い『怒り』や『悲しみ』がある場合、その感情が時々噴出しそうになることもあります。

そうなってしまうとさすがにまずいので、私たちの体は次の手段としてその感情から目をそむけさせようとします。

強い『怒り』や『悲しみ』より意識が向きやすいもの…それは『痛み』です。

つまり外に出せずに抑えきれない強い感情があると体は、実際はありもしない『痛み』を作り出してしまうのです。

そしてその痛みは全身的に出現することもありますが、より多く出現するのが腰、そして肩回りなのです。

特に原因が思い当たらず体に痛みが出ている場合、もしかしたら自分では知らず知らずに自分の筋肉が感情を抑えこむために緊張しつづけていたかもしれません。

頭痛・顎関節症・肩こり・背中の痛み等がなかなか取れない方は感情の抑圧がある可能性が高いです。

 

普段から感情を表現せずに抑えることに慣れてしまった人は、こうして反応した筋肉がカラダのどこかで塊となって、それがコリとして表れ、痛みを引き起こす原因となることがあるのです。

そして、溜めこまれた目に見えない感情というものが、身体という目に見える肉体にストレスを与え続け、年を重ねるごとに身体の歪みや痛みや病気に形を変えて現れてきます。

特に女性は男性に比べて感情を感じることに優れていますから、そんな女性が感情を抑圧してしまうとすぐに体調異変として出てきやすいんです。

子供の筋肉が柔らかいのは若いということだけではなく、感情を素直に出しているからということもあるのです。

本当は泣きたいくらい辛いのに、「私は元気」と言って頑張っている人がいますが、いっそのこと自分の弱さを認めて受け入れてしまったほうが、心は楽になるのです。

感情を抑えることが多い人や、感情を表現するのが苦手な人には、日記を書くことをお勧めします。

o0400040013887790579

 

日記といっても、ただその日に起こった出来事を書くというよりも、自分が思ったことや感じたこと、その日の気持ちを書きつづるのです。

また定期的な運動は抑圧した感情を解放させ身心共に健康に近づける一つの方法にもなります。

マラソンをするでも良いし、踊るのもよいです。家の周りをウォーキングするのも良いでしょう。

痛みとして出てしまったものはケアが必要ですので、お身体の痛み・気になる症状は大田区の蒲田、雑色、六郷、川崎、梅屋敷エリアのマルエツかまた店2FにあるF.C.C.蒲田整骨院にご相談ください!

大田区の蒲田、雑色、六郷、川崎、梅屋敷エリアのマルエツかまた店2FにあるF.C.C.蒲田整骨院では、

症状に対して、どういった状況であるか細かく問診・検査し専門の治療家が症状安定へのプロセスを導きます。

また、ライフスタイルや使用頻度等も考慮し適切な通院指導も提案させていただきます。

肩こり・腰痛でお悩みの方ぜひ一度、大田区の蒲田、雑色、六郷、川崎、梅屋敷エリアのマルエツかまた店2FにあるF.C.C.蒲田整骨院にご相談ください!

 

F.C.C.蒲田整骨院情報

F.C.C.蒲田整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 F.C.C.蒲田整骨院
所在地 〒144-0052 東京都大田区蒲田5-47-7 マルエツかまた店2F
電話番号 03-6424-9989
休診日 木曜日
診療時間 【全日】10:00~20:30 最終受付20:30
アクセス方法 【電車】東急池上線/京浜東北線/東急多摩川線 蒲田駅東口より徒歩5分
診療時間
10:00~20:30


// PC・タブレット(スマートフォン以外)で表示させたい内容