こんにちは!

蒲田、大森、梅屋敷、糀谷、川崎エリアのマルエツ蒲田店2階にあるF.C.C.蒲田整骨院です!

 

「昨日から頭痛がひどい…」

「薬を飲むと一時的に治まるけど、またすぐ痛くなる…」

「肩こりがひどくなってから頭痛も酷くなった…」

などなど、今回は頭痛に関わることを書いていきたいと思います。

 

蒲田、大森、梅屋敷、糀谷、川崎エリアのマルエツ蒲田店2階にあるF.C.C.蒲田整骨院では表面化された症状だけではなく、症状の原因を追究し、根本的な改善をベースにして施術させていただいております。

 

8d2dfbcf1ed228b5dabc9812cda53ced-300x199

 

さて、頭痛には大きく分けると3つの種類があります。

 

①緊張型頭痛(阻血性頭痛)

②偏頭痛、もしくは片頭痛(血管型頭痛)

③群発型頭痛

 

一般的に一番多いのが①緊張型頭痛(阻血性頭痛)と言われています。

①緊張型頭痛(阻血性頭痛)と②偏頭痛、もしくは片頭痛(血管型頭痛)は自分では判断がつきにくいのですが、対処法がそれぞれ違うため、どちらの頭痛なのか、どこに原因があるか、を理解しておくことが非常に大切です。

ではまず、それぞれの頭痛がどういうものなのかを簡単に説明します。

 

①緊張型頭痛(阻血性頭痛)

これは特によくみられる頭痛で、いわゆる肩こりや、首コリなどから引き起こされる頭痛です。

首~肩周辺の筋肉が硬く緊張してしまうことで血管や神経が圧迫され、頭痛に至ってしまいます。

改善策としては首~肩周りのストレッチやマッサージ、根本的には姿勢不良を見直す必要があります。

 

②偏頭痛、もしくは片頭痛(血管型頭痛)

これは上記の緊張型頭痛と症状としてはよく似ていますが、原因は反対です。

片側の筋肉が硬く緊張してしまうことで、反対側の血管の血流が良くなりすぎてしまい、頭痛が引き起こされます。

似ているようですが、大きく異なります。

例えばこの頭痛だった場合、ストレッチやマッサージを患側に行うと悪化してしまう可能性があります。

対処するとしたら疼痛部位へのアイシングと、反対側の緊張してしまった筋肉へのアプローチが必要になります。

 

③群発型頭痛

これは上記の①・②と比較するとかなり少ないですが、痛みとしては「目がえぐられるような」「頭の中に何かが突き刺さるような」と表現されるぐらい重いものです。

ある一定期間(季節の変わり目など)に集中して引き起こされることが多く、一度発症すると1~2ヶ月の間はずっとこの頭痛に悩まされることになります。

これの原因はまだ明確化されていませんが、アルコールがトリガーとなることも少なくないそうです。

 

蒲田、大森、梅屋敷、糀谷、川崎エリアのマルエツ蒲田店2階にあるF.C.C.蒲田整骨院ではこれらの頭痛に幅広く対応させていただいております。

頭痛にお悩みの方は一度ご相談ください。

 

F.C.C.蒲田整骨院情報

F.C.C.蒲田整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 F.C.C.蒲田整骨院
所在地 〒144-0052 東京都大田区蒲田5-47-7 マルエツかまた店2F
電話番号 03-6424-9989
休診日 木曜日
診療時間 【全日】10:00~20:30 最終受付20:30
アクセス方法 【電車】東急池上線/京浜東北線/東急多摩川線 蒲田駅東口より徒歩5分
診療時間
10:00~20:30


// PC・タブレット(スマートフォン以外)で表示させたい内容