こんにちは!

蒲田、大森、梅屋敷、糀谷、川崎エリアのマルエツ蒲田店2階にあるF.C.C.蒲田整骨院です!

今回は肩の症状について書いていきます。

自分に当てはまるものがないか、要チェックです!

 

「徐々に肩が上がらなくなってきた…」

「夜、寝返りで痛くて起きてしまう…」

「スポーツをした後に痛みが出てきてしまう…」

 

などなど、肩は症状も原因も様々です。

蒲田、大森、梅屋敷、糀谷、川崎エリアのマルエツ蒲田店2階にあるF.C.C.蒲田整骨院では表面化された症状だけではなく、その原因を探り、根本的な治療をしていくことをベースとして行っております。

 

eye_catch

 

まず、肩の症状にはどんなものがあるか?

いくつかに分けてご紹介したいと思います。

 

①筋肉の緊張によるツラさ(いわゆる肩こり)

②筋肉、関節の拘縮によるツラさ(いわゆる四十肩・五十肩)

③転倒などによるケガ(腱板損傷など)

④スポーツなどによるオーバーユース

 

細かく分けるとまだまだありそうですが、まずはこの四つ。

一つずつ簡単に嚙み砕いていきます。

 

①筋肉の緊張によるツラさ(いわゆる肩こり)

カッコ内にあるように、一般的に肩こりと言われる症状です。

例えば、デスクワークなどで毎日毎日同じ姿勢を取って同じ動作ばかりを繰り返していると、当然同じ筋肉ばかりが酷使されてしまいます。

ただし。

ここで間違えやすいのが、肩こりという症状が出ている部分に原因があるとは限らないということです。

つまりツラいところばかりを揉みほぐしていても症状は好転しないよ、ということですね。

 

②筋肉、関節の拘縮によるツラさ(いわゆる四十肩・五十肩)

フローズンショルダーと呼ばれます。

文字通り、凍結してしまったかのように固まってしまった肩ということですね。

これがいわゆる四十肩・五十肩という症状です。

これに関しては原因は不明確ですが、その年代に多いことから加齢による退行性変性ではないかと言われています。

 

③転倒などによるケガ(腱板損傷など)

例えば転んで勢いよく地面についた時、腱板という肩を動かす上で必要不可欠な部分に傷がついてしまうことがあります。

これに傷がつくと、肩を動かす時に痛みを伴ってしまったり、何もしていないのにズキズキやシクシクした痛みが出ることもあります。

そして何より厄介なのが、ここに傷が入ると、治癒の経過が非常に悪いのです。

何も治療せずに2~3年以上も痛みに悩んでいる方もいます。

 

④スポーツなどによるオーバーユース

使い過ぎ、ということですね。

とは言え、スポーツや運動をやる以上は身体を使わずにはいられません。

そこで大事なのが日常のケアです。

子どもが遊んだおもちゃをおもちゃ箱に戻すのと同じで、使って疲労した筋肉は元の状態に戻してあげることが大事。

痛みが出てからだと治療が必要ですが、出る前にケアしておけば症状が出る可能性がかなり下がります。

 

 

自分に当てはまる症状はありましたか?

少しでも気になる症状があれば、蒲田、大森、梅屋敷、糀谷、川崎エリアのマルエツ蒲田店2階にあるF.C.C.蒲田整骨院にご相談ください!

F.C.C.蒲田整骨院情報

F.C.C.蒲田整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 F.C.C.蒲田整骨院
所在地 〒144-0052 東京都大田区蒲田5-47-7 マルエツかまた店2F
電話番号 03-6424-9989
休診日 木曜日
診療時間 【全日】10:00~20:30 最終受付20:30
アクセス方法 【電車】東急池上線/京浜東北線/東急多摩川線 蒲田駅東口より徒歩5分
診療時間
10:00~20:30


// PC・タブレット(スマートフォン以外)で表示させたい内容