こんにちは!

蒲田、大森、梅屋敷、糀谷、川崎エリアのマルエツ蒲田店2階にあるF.C.C.蒲田整骨院です!

 

本日は膝の痛みに関して!を書いていきたいと思います。

膝が痛いと言っても症状も原因も様々ですからね。

 

蒲田、大森、梅屋敷、糀谷、川崎エリアのマルエツ蒲田店2階にあるF.C.C.蒲田整骨院では表面化された症状だけではなく、原因を探り、根本的な治療を主体としております。

 

6324af1ae7fa0578db409ac7b520b9a2-300x199

 

まず、膝の痛みにはどんなものがあるか??

いくつかに大きく分類してみましょう。

 

①スポーツなどによる外傷やスポーツ障害によるもの

②変形によるもの

③筋肉の硬さや関節のズレによるもの

 

細かく分けるともっともっとありますが、主にはこの3つです。

一つ一つ嚙み砕いていきましょう。

 

まず、①スポーツなどによる外傷やスポーツ障害によるもの。

経験のある方も、そうでない人もイメージしやすいと思います。

簡単に言うと“ケガ”ですね。

スポーツ等で何らかの強い衝撃が関節に加わった時、関節を支える靭帯が伸ばされたり、軟骨や半月板と言った膝関節内にあるクッションの役割を果たす部分に傷がついてしまうことがあります。

するとその部分に炎症が生じ、痛みに繋がるわけです。

当然これはスポーツに限ったことではありません。交通事故や、道端で転んで同じようにケガをしてしまうケースも多々あります。

 

次に②変形によるもの。

変形性膝関節症、って聞いたことありますか?

若い人でもなることがありますが、基本的には40~50歳以上の方からしばしば多く見られます。

これは病院に行くと「加齢ですね~」と言われます。大体言われます。

加齢と言えばそれまでですが、ちゃんとこれに至るまでのプロセスがあるんですよ。

 

筋肉というものは何もしなければ消えてなくなる、と言われるほど、どんどん衰えていきます。

運動不足だったり、日頃からあまり身体を使わなかったり、同じ動きばかりを繰り返していたりすると、使わない筋肉は衰え、弱ってきてしまいます。

すると膝周り(に限らずですが)の前後左右のバランスが変わります。

今まで良いバランスで支えてきたものが崩れると、骨同士の位置が変わり、歩行や曲げ伸ばしを繰り返すうちに関節包や滑膜と呼ばれる関節を覆う膜に傷がついてしまったりします。

その傷ついた膜の部分を、膜で再生するのではなく、骨で埋めようと身体が働きます。

結果、骨の変形ということが起きてしまうわけですね。

 

最後に③筋肉の硬さや関節のズレによるものですが、

これは①や②と通ずる部分もあります。

何らかの形で膝を曲げるときの筋肉が硬くなれば、当然曲げるときの痛みが生じますし、

筋肉が衰えていなくても、前後左右どこかの筋肉が極端に硬くなれば関節のズレも生じます。

結果としてそれが痛みに変わってしまうわけですね。

 

どうだったでしょうか?

自分に当てはまる症状はありましたか?

もし少しでも心当たりがあれば、蒲田、大森、梅屋敷、糀谷、川崎エリアのマルエツ蒲田店2階にあるF.C.C.蒲田整骨院にご相談ください!

 

 
 

F.C.C.蒲田整骨院情報

F.C.C.蒲田整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 F.C.C.蒲田整骨院
所在地 〒144-0052 東京都大田区蒲田5-47-7 マルエツかまた店2F
電話番号 03-6424-9989
休診日 木曜日
診療時間 【全日】10:00~20:30 最終受付20:30
アクセス方法 【電車】東急池上線/京浜東北線/東急多摩川線 蒲田駅東口より徒歩5分
診療時間
10:00~20:30


// PC・タブレット(スマートフォン以外)で表示させたい内容