こんにちは!

蒲田、大森、梅屋敷、糀谷、川崎エリアのマルエツ蒲田店2階にあるF.C.C.蒲田整骨院です。

今回は坐骨神経痛について書いていきたいと思います。

 

蒲田、大森、梅屋敷、糀谷、川崎エリアのマルエツ蒲田店2階にあるF.C.C.蒲田整骨院は表面化された症状だけではなく、原因を探り、根本的な治療を主体としております。

 

rijyoukin

 

そもそも坐骨神経って何?と思う方もいらっしゃると思います。

坐骨神経とは人体の中で最も太い神経であり、腰からお尻、太ももの後ろ側を通り、枝分かれしながら足先までつながっています。

下半身のこの坐骨神経の通る道沿いに、特にお尻や太ももの後ろ側に痛みが出現することを「坐骨神経痛」と呼びます。

 

坐骨神経痛になる原因としては主に3パターンあります。

①椎間板ヘルニア

②梨状筋症候群

③脊柱管狭窄症

 

①椎間板ヘルニア。

まず、ヘルニアとは体内のある臓器が本来あるべき位置から脱出してしまった状態を指します。

これが背骨のクッションである椎間板におこったものを椎間板ヘルニアと呼びます。

椎間板の中に存在する髄核というゲル状の組織が、外に飛び出してしまった状態です。

この飛び出してしまったものが坐骨神経を圧迫してしまい痛みがでてしまうのです。

 

②梨状筋症候群

梨状筋はお尻の深い所にある筋肉で、その下を坐骨神経が通っています。

その梨状筋が硬くなってしまったり緊張してしまうことで坐骨神経を圧迫し、

症状を引き起こす病態を「梨状筋症候群」と呼び、坐骨神経痛を引き起こします。

 

③脊柱管狭窄症

背骨には、脳から続く神経である脊髄が通るトンネルがあります。これを脊柱管と呼びます。

脊柱管狭窄症とは、骨や靭帯の肥厚、椎間板の突出などで、脊柱管が狭くなってしまう病気です。

狭くなることで脊髄が圧迫され、腰の痛みや脚のしびれなどの症状を起こします。

 

なんだか少し難しい内容だったかもしれませんが、もしこのような症状がありましたら蒲田、大森、梅屋敷、糀谷、川崎エリアのマルエツ蒲田店2階にあるF.C.C.蒲田整骨院へ一度ご相談ください!

 

F.C.C.蒲田整骨院情報

F.C.C.蒲田整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 F.C.C.蒲田整骨院
所在地 〒144-0052 東京都大田区蒲田5-47-7 マルエツかまた店2F
電話番号 03-6424-9989
休診日 木曜日
診療時間 【全日】10:00~20:30 最終受付20:30
アクセス方法 【電車】東急池上線/京浜東北線/東急多摩川線 蒲田駅東口より徒歩5分
診療時間
10:00~20:30


// PC・タブレット(スマートフォン以外)で表示させたい内容