こんにちは!

蒲田、大森、梅屋敷、糀谷、川崎エリアのマルエツ蒲田店2階にあるF.C.C.蒲田整骨院です。

今やデスクにパソコンは当たり前になりました。それに伴って心身に不調を感じることも多いのではないでしょうか。

そこで今回は『VDT症候群』について書きたいと思います!

 

蒲田、大森、梅屋敷、糀谷、川崎エリアのマルエツ蒲田店2階にあるF.C.C.蒲田整骨院は表面化された症状だけではなく、原因を探り、根本的な治療を主体としております。

fd7dd20371a5b32a9c960d00a2dc3243-300x145

 

VDT症候群とはパソコンなどのディスプレイやキーボードなどで構成されるVDT(ビジュアル・ディスプレイ・ターミナル)を使った長時間の作業により、

眼・身体・心に影響の出る病気で、別名“IT眼症”とも呼ばれています。

 

主な原因としては

・明るさ

作業時に照明や外光がディスプレイに映り込んだり、画面が明るすぎたりすると、明るさの調整やピント調整といった“眼の機能”に負担がかかり疲れ目の原因とな

ります。

デジタルディスプレイから発せられるブルーライトは、眼・身体・心に負担をかけると言われています。

・姿勢

長時間同じ姿勢をとったり、机や椅子の高さ、ディスプレイ/キーボード/書類の位置関係/によって無理な姿勢や不自然な姿勢となることで、肩こりや腰痛な

どの原因となります。

・時間

長時間のVDT作業は、眼の負担を大きくするだけでなく、肩や腰回りの筋肉の緊張が続き、肩こりや腰痛などの原因となります。

 

これらの原因により、目の疲れが激しい、目が乾く、視力が落ちる、目(目の奥)が痛い、目の痙攣、目がかすむなどの目の症状や、肩こり、頭痛、吐き気、食欲不振

などの身体の症状が出てしまうのです。

 

対策としては、しっかり目を休ませることです。スマホやパソコンをよく使うかたは定期的(一時間に一回)遠くを見て、意識的にまばたきをしましょう。

メガネ・コンタクトレンズをしているかたは、自分に合った度数にすることも効果的です。

他にも目を温めたり、パソコンを使う環境を改善することで目の疲労は改善されます。

 

上記の症状等でお困りの方は蒲田、大森、梅屋敷、糀谷、川崎エリアのマルエツ蒲田店2階にあるF.C.C.蒲田整骨院にお任せください!

 

F.C.C.蒲田整骨院情報

F.C.C.蒲田整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 F.C.C.蒲田整骨院
所在地 〒144-0052 東京都大田区蒲田5-47-7 マルエツかまた店2F
電話番号 03-6424-9989
休診日 木曜日
診療時間 【全日】10:00~20:30 最終受付20:30
アクセス方法 【電車】東急池上線/京浜東北線/東急多摩川線 蒲田駅東口より徒歩5分
診療時間
10:00~20:30


// PC・タブレット(スマートフォン以外)で表示させたい内容