こんにちは!

蒲田、大森、梅屋敷、糀谷、川崎エリアのマルエツ蒲田店2階にあるF.C.C.蒲田整骨院です!

 

「歩き出す時に膝が痛むようになった」

「膝の曲げ伸ばしが出来ない」

「痛くて階段を下りられない」

 

などなど、今回は膝の痛みについて書いていきたいと思います!

膝の痛みとは言っても、スポーツでの受傷、転びそうになって踏ん張って痛めた、などの理由が明確なものばかりではありません。

気が付いたら痛くなっていた、加齢が原因か、という声もよく聞きます。

 

果たして本当に加齢が原因なのか。

そこを明確にしていきたいと思います。

 

蒲田、大森、梅屋敷、糀谷、川崎エリアのマルエツ蒲田店2階にあるF.C.C.蒲田整骨院では表面化された症状だけではなく、症状の原因を探り、根本的な治療を主体としております。

 

ed6d32980b1a49721eef670f860e30d4-300x168

 

さて。

上記のように、スポーツをしている時や転倒がキッカケの膝の痛みであれば、関節の捻挫、または打撲(膝をどこかにぶつけていた場合)と考えられますが、何もしていないのに痛くなってしまった場合、なぜ痛くなってしまうのかを考えていきましょう。

膝の関節は、大腿骨(太もも)、膝蓋骨(お皿)、脛骨(すね)、腓骨(すねの横)の4つの骨で構成されていますが、

それらすべてにたくさんの筋肉が付着しています。

 

結論から言うと、筋肉の硬さにより関節のズレが生じた時に痛みが生じてしまいます。

 

バランスよく硬くなるならまだしも、人によっては歩いているだけで外側にばかり重心がかかってしまったり、立ち仕事でもかかとに体重を乗せていたり、偏平足が原因で膝の内側に重心が乗っかってしまうこともあります。

その繰り返しで膝周りの筋肉の硬さに片寄りが出てしまい、関節を少しずつ少しずつズラしていってしまうわけですね。

 

膝関節の構造上、適切な位置にあればスムーズに動くのですが、ズレが生じることで骨同士の接地面が変わってしまうため、曲げ伸ばしも上手く行かなくなってしまいますし、体重をかけるだけでも関節面に何倍も負担がかかってしまいます。

簡単に言うと関節や関節の周りの膜に傷がついてしまい、痛みが出てしまうわけですね。

 

これらの痛みは決して加齢で引き起こされるものではなく、日常生活でかかる負担の片寄りによって起こるものです。

病院で加齢と言われて諦めてしまわず、まずは一度、蒲田、大森、梅屋敷、糀谷、川崎エリアのマルエツ蒲田店2階にあるF.C.C.蒲田整骨院にご相談ください!

 

 

F.C.C.蒲田整骨院情報

F.C.C.蒲田整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 F.C.C.蒲田整骨院
所在地 〒144-0052 東京都大田区蒲田5-47-7 マルエツかまた店2F
電話番号 03-6424-9989
休診日 木曜日
診療時間 【全日】10:00~20:30 最終受付20:30
アクセス方法 【電車】東急池上線/京浜東北線/東急多摩川線 蒲田駅東口より徒歩5分
診療時間
10:00~20:30


// PC・タブレット(スマートフォン以外)で表示させたい内容