こんにちは!

蒲田、大森、梅屋敷、糀谷、川崎エリアのマルエツかまた店2階にあるF.C.C.蒲田整骨院です。

股関節は、体重を支え、立ったり、歩くなどの移動を行う上で大切な関節です。股関節に障害があると動きが悪くなり、歩く時などに痛みが出て、日常生活がたいへん不便になります。

そこで今回は股関節の病気についていくつか紹介したいと思います。

蒲田、大森、梅屋敷、糀谷、川崎エリアのマルエツかまた店2階にあるF.C.C.蒲田整骨院では表面化された症状だけではなく、症状の原因を探り、根本的な治療をしていくことを主体としております。

th_medical_ca_093

①変形性股関節症

変形性股関節症は、関節の クッションとしての役割を担い、滑りをよくしている関節軟骨が傷つきすり減って、骨が破壊もしくは増殖を起こしたために生ずる病気です。痛みが出たり、安 静により痛みが軽減したりします。これを繰り返しながら、多くの方は非常にゆっくりと進行していく慢性的な病気です。まれに数か月のうちに急速に悪化する 方もおられます。

②大腿骨骨頭壊死症

大腿骨内の血管の走行は非常に複雑であり、 血行障害を起こしやすい構造になっています。大腿骨骨頭壊死はこの大腿骨頭に栄養を送る血管の血流が悪くなり、骨が壊死してしまう病気です。

③大腿骨頚部骨折

股の付け根の骨折を大腿骨頚部骨折といいます。

大腿骨頚部骨折は高齢者に多い骨折で、骨粗鬆症の進行とともに骨がもろくなり、少しつまずいただけでも骨折しやすくなります。高齢者の寝たきりの原因の第3位が骨粗鬆症による骨折です。中でも大腿骨頚部骨折は4人に1人程度の方が寝たきりの原因となっています。

 

 

股関節に障害のある患者さんにとって、日常生活をいつも快適なものにするためには、股関節に負担をかけないようにしながら、股関節のまわりの筋肉を鍛えることが肝心です。負担をかけないと言っても過度の安静は筋力低下につながり、股関節への負担が増えることがあります。体重のコントロール、重い物を持って歩かない、長い距離を歩かないなど、股関節に負担をかけないような生活を心がけましょう。

F.C.C.蒲田整骨院情報

F.C.C.蒲田整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 F.C.C.蒲田整骨院
所在地 〒144-0052 東京都大田区蒲田5-47-7 マルエツかまた店2F
電話番号 03-6424-9989
休診日 木曜日
診療時間 【全日】10:00~20:30 最終受付20:30
アクセス方法 【電車】東急池上線/京浜東北線/東急多摩川線 蒲田駅東口より徒歩5分
診療時間
10:00~20:30


// PC・タブレット(スマートフォン以外)で表示させたい内容