こんにちは!

蒲田、大森、梅屋敷、糀谷、川崎エリアのマルエツかまた店2階にあるF.C.C.蒲田整骨院です!

寒い季節でもランニングやゴルフ、サッカーなどのスポーツを楽しむ人は多いですよね。

急に体を動かしてけがをしてしまった。なんてことにならないためにストレッチで予防しましょう。

 

蒲田、大森、梅屋敷、糀谷、川崎エリアのマルエツかまた店2階にあるF.C.C.蒲田整骨院では、全身治療を基本とし、医学的な知識に基づいた上で原因の追究と根本からの改善、お身体のトータルバランスを整えていきます。

eye_fst

体を動かす前にストレッチなどの準備運動をきちんとやれば、けがの予防に役立ちます。筋肉を温めて柔らかくすれば動きがしなやかになり、スポーツの成績向上にもつながるといわれています。

ストレッチは大きく「動的」と「静的」に分けられます。動的ストレッチは体を動かしながら手足や体幹の筋肉を伸縮させ、温めて柔らかくします。一方、静的ストレッチは弾みを付けずに筋肉を伸ばします。

動的ストレッチの代表例が、広く普及するラジオ体操やサッカー選手などが試合前に実施する「ブラジル体操」です。

・まず軽めの負担

ブラジル体操はサッカー以外のスポーツでも準備運動として普及しています。まず5分程度、軽いジョギングをして体を温めます。その後は膝や足の裏を高く上げたり、足を前後にクロスさせたり、左右に開いたりします。体の前と上で両手をたたく、これらはどのスポーツにも役立つ動作です。

加えて各競技でこなす動作も取り入れるとよいです。サッカーならヘディングやディフェンスの動作を動きながら、ゴルフなら実際にクラブを持って素振りしたり、ボールを20発程度打ったりする。テニスでは軽くボールを打つ。野球の場合はキャッチボールを数メートルの近距離で始めて徐々に距離を延ばす、など。

 

運動した後は静的ストレッチを実践するとよいと言われています。運動をやり過ぎると靱帯や腱(けん)に炎症が起きることがあるからです。関節部分をストレッチしておくと、炎症の予防につながります。

・息を吐きながら

注意点もあります。息を細く長く吐きながらストレッチすることです。呼吸を止めると筋肉が緊張してしまいます。また、筋肉や関節を痛める可能性があるので、反動は付けずに一定の力で20~60秒、続けて伸ばしましょう。

体をゆっくり休め、炎症が治まる翌日から数日後にも静的ストレッチをすると、運動時に使う関節の可動域が広がります。入浴し体を温めた後に実施するとさらに効果的です。

ストレッチは気持ちよいと感じる範囲で実施し、痛くなるまでやらないことが重要なので心がけるようにしましょう。

F.C.C.蒲田整骨院情報

F.C.C.蒲田整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 F.C.C.蒲田整骨院
所在地 〒144-0052 東京都大田区蒲田5-47-7 マルエツかまた店2F
電話番号 03-6424-9989
休診日 木曜日
診療時間 【全日】10:00~20:30 最終受付20:30
アクセス方法 【電車】東急池上線/京浜東北線/東急多摩川線 蒲田駅東口より徒歩5分
診療時間
10:00~20:30


// PC・タブレット(スマートフォン以外)で表示させたい内容