おはようございます!

最近は良い天気が続きますね。

ただ寒い!!全然暖かくありません!!

 

花粉もすごい量が飛んでいるようなので花粉症の方はツラい日々をお過ごしのことと思います。

そんな今日は花粉症と腰痛の関連性を簡単に書いていきたいと思います。

 

花粉症の皆様、最近、腰が痛い方もいらっしゃるのでは?

 

蒲田、大森、梅屋敷、糀谷、川崎エリアのマルエツかまた店2階にあるF.C.C.蒲田整骨院では表面化された症状だけではなく、症状の原因を探り、根本的な施術を主体としております。

 

eye_fst

 

花粉症も色々と症状がありますが、基本的には目のかゆみ、くしゃみ、鼻水、が多いと思います。

特にくしゃみをしている方。腰痛になる準備万端です!(笑)

 

くしゃみ、という動作は横隔膜などの内側の筋肉から腹筋や背筋などの外側の筋肉まで、全身を使って行います。

なのでくしゃみをし続けていればムキムキマッチョになる!…というわけではありません。

ハックショーン!!という勢いのある動作は瞬間的な動作なので筋トレにはなりにくく、逆に筋肉がビックリして緊張してしまいます。

 

そんな動作を繰り返していたら、どうなるでしょうか?

 

リラックスしていた筋肉が緊張し、緊張した筋肉にまた勢いよく負担がかかり…を繰り返すことで腹筋や背筋の筋肉が縮んで固まってしまいます。

すると上半身の筋肉の『遊び』がなくなってしまい、何をするにも腰に直接ダメージが伝わってしまいます。

結果、腰が痛いぜ~、ということになるわけですね。

 

侮れません、花粉症。

目や鼻だけじゃ飽き足らず、とうとう腰にまで影響が。

 

ちなみに、花粉症の症状ってどんな時に強くなるかご存知ですか?

 

風邪などを引いて弱っている時…ではありません。

徹夜が続いて睡眠不足の時…でもありません。

 

ルンルンに元気な時に症状が強まります!!

 

花粉症はアレルギーです。

花粉などに反応して自分自身の免疫にやられてしまうことをアレルギーと言います。

 

つまり。免疫力が高まっている時ほどアレルギーって強く出てしまうんです。残念なことに。

 

逆に睡眠不足や疲労困憊の時は免疫力が低下しているため、花粉に対して抵抗する力も弱まっているのでアレルギー症状もそんなに強くは出ません。

まぁ、そうは言っても、じゃあみんなであんまり寝ないようにしよう!というわけではないので、花粉症がツラい人は以下のように考えるようにしましょう。

 

「今日も花粉症がツラい。ということは…今日も元気な証拠だぜ!!」

 

今日も日本は平和です。

 

腰痛がお辛い方は蒲田、大森、梅屋敷、糀谷、川崎エリアのマルエツかまた店2階にあるF.C.C.蒲田整骨院へご相談ください。

 

F.C.C.蒲田整骨院情報

F.C.C.蒲田整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 F.C.C.蒲田整骨院
所在地 〒144-0052 東京都大田区蒲田5-47-7 マルエツかまた店2F
電話番号 03-6424-9989
休診日 木曜日
診療時間 【全日】10:00~20:30 最終受付20:30
アクセス方法 【電車】東急池上線/京浜東北線/東急多摩川線 蒲田駅東口より徒歩5分
診療時間
10:00~20:30


// PC・タブレット(スマートフォン以外)で表示させたい内容