l_118

こんにちは、大田区の蒲田、雑色、六郷、川崎、梅屋敷エリアのマルエツかまた店2FにあるF.C.C.蒲田整骨院です。

最近、パソコンやスマホの普及のせいでしょうか。姿勢が悪い人が多い気がします。肩こりや腰痛、眼精疲労などの問題の一つ反り腰の治し方についてお伝えしていきます。

最近よく耳にする「反り腰」とはどういったものなのでしょうか?

反り腰とは、字のごとく腰がそっている状態です。

骨盤が前方に向かって傾いてしまっているので、骨盤前傾とも呼ばれます。

人間の身体は、S字湾曲になっているのですが、反り腰は正常な腰部の湾曲が過剰になってしまった状態です。

反り腰の状態になると重心が後方に移動します。身体の前方の筋肉、腹筋などと身体を支える後方の筋肉のバランスが崩れている状態です。

o0290030012951036230

反り腰になる原因は何なのでしょう?

人間の身体は、もともと前方に身体の重みが偏っており、それを後ろの背骨で支えています。

その為、姿勢を保つ為の筋肉は、身体の後方についており、これらの筋肉が、発達している人は、綺麗な姿勢を保つ事ができます。

しかし、その後ろで姿勢を支える筋肉が、十分でない方は前方に倒れていきますが、そこで倒れてしまわないように、身体がバランスをとろうとする為、腰のあたりで反ります。これが反り腰になる原因です。

 

反り腰の何がいけないの?と思う方がいるかもしれませんが、ただ腰痛が起きやすくなるだけでありません。

女性の方では特に気になる下半身太りの原因にもなっています。

さらに、反り腰になると、内臓がグッと下に落ちこみます。これがぽっこり下腹や便秘、消化不良、肌荒れなどの原因になるのですが、それだけではありません。下方に落ちこんだ内臓は股関節を圧迫します。

では股関節が圧迫されると…??
下半身の血液やリンパが渋滞を起こします。そのため、下半身に余分な水分や老廃物がたっぷりとたまってしまうのです。脂肪代謝も悪くなりますし、セルライトもできやすい体質に…。

また、反り腰は下半身の筋肉の使い方がアンバランスになります。お尻や裏もも、内ももの筋肉はあまり使われないため、たるんでプヨプヨとした印象に。
逆に前ももや外ももはガチガチと張った印象になります。

どうでしょうか?そんなの嫌ですよね…

そうならないためにも、大田区の蒲田、雑色、六郷、川崎、梅屋敷エリアのマルエツかまた店2FにあるF.C.C.蒲田整骨院で反り腰を改善し腰痛も治してしまいましょう!

大田区の蒲田、雑色、六郷、川崎、梅屋敷エリアのマルエツかまた店2FにあるF.C.C.蒲田整骨院では、

症状に対して、どういった状況であるか細かく問診・検査し専門の治療家が症状安定へのプロセスを導きます。

また、ライフスタイルや使用頻度等も考慮し適切な通院指導も提案させていただきます。

腰痛でお悩みの方ぜひ一度、大田区の蒲田、雑色、六郷、川崎、梅屋敷エリアのマルエツかまた店2FにあるF.C.C.蒲田整骨院にご相談ください!

 

F.C.C.蒲田整骨院情報

F.C.C.蒲田整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 F.C.C.蒲田整骨院
所在地 〒144-0052 東京都大田区蒲田5-47-7 マルエツかまた店2F
電話番号 03-6424-9989
休診日 木曜日
診療時間 【全日】10:00~20:30 最終受付20:30
アクセス方法 【電車】東急池上線/京浜東北線/東急多摩川線 蒲田駅東口より徒歩5分
診療時間
10:00~20:30


// PC・タブレット(スマートフォン以外)で表示させたい内容