주부라이프

肩こりで悩む方は多いですよね。まさに国民病と言っても過言ではありません。

しかし世間一般の広告などを見てみると、肩こりが一発で治るように思わせる情報がたくさんあります。

たしかに中には一回の治療で治る方もいらっしゃいます。

ですが、それはすべての人に当てはまるわけではありません。

本当に万人の肩こりを良くできる様なそんな方法があるのなら、世の中から肩こりで悩む人はいなくなります。

湿布やピップエレキバンも売れません。

しかし大まかな痛みの対処の仕方についてはしっかりとした方法があります。

 

突発的痛みと慢性的な痛み時のについて…基本的には

急に痛み出した場合は冷やす
慢性的な痛みの場合は温める

が原則になります。

温める、冷やす、の2パターンと思われがちですが、冷やしてから温める、というパターンも含めて基本的には3パターンあります。

 

急に痛くなった時のストレッチやマッサージは禁物です。できるだけに安静にしましょう。

どうしても動かなければならない場合はコルセットを着用。寝違えやムチ打ちの場合は首にバスタオルをマフラーのように巻くと負担が軽減されます。

傷めた後から、手足(肘や膝より末端部分)にシビレ感がある場合は必ず、一度整形外科を受診し医師の診断を受けるようにしてください。

治療に関してはF.C.C.蒲田整骨院にお任せください。最短で日常の生活を取り戻せるよう治療いたします。

症状が慢性的なもので肩こり・首こりが徐々に痛く、つらくなった場合のセルフケア方法は、
1.ストレッチ
2.温める
3.状況に応じて冷却する

ということが大切です。

まずストレッチに関しては特に肩甲骨が重要です。

肩甲骨の周りには多くの筋肉がついているため、ストレッチを怠ると固くなりやすいです。

肩甲骨の柔軟性を失ってしまうと肩のトラブルが起こりやすいだけでなく、姿勢やスタイルにも影響してしまいます。

続いては具体的な温め方について

自作の簡易ホットパックを作ります。タオルを濡らしてビニール袋にいれ、レンジでチンをすると簡易ホットパックができます。(触れる際には火傷にご注意ください)

レンジから取り出し、ホットパックをさらにもう一枚タオルでくるみ患部を数分温めます。

数分肌を休ませて患部の皮膚の温度が元に戻ったら再度行います。(低温火傷の可能性があるため行う際は皮膚の状態を常に観察し、くれぐれも注意を払って行ってください)

このホットパックは患部だけではなく、手足の冷えに対してもオススメです。

そして、動かし過ぎなどにより患部に熱を感じ、ジンジンと痛むといった書状がある時には、2~3日冷やすといった処置が大切です。

患部に熱を感じ、ジンジンと痛むといった書状がある時に温めてしまうとより痛みが増してしまう恐れがあるので注意しましょう。

セルフケアは肩こり解消に効果的であるものの、あくまでも応急処置。

ですが、しないより、定期的にケアをしたほうが体の負担は減らせます。

根本的な肩こりの解消をしたいなら、大田区の蒲田、雑色、六郷、川崎、梅屋敷エリアのマルエツかまた店2FにあるF.C.C.蒲田整骨院へご相談ください。

大田区の蒲田、雑色、六郷、川崎、梅屋敷エリアのマルエツかまた店2FにあるF.C.C.蒲田整骨院では、

症状に対して、どういった状況であるか細かく問診・検査し専門の治療家が症状安定へのプロセスを導きます。

また、ライフスタイルや使用頻度等も考慮し適切な通院指導も提案させていただきます。

腰痛でお悩みの方ぜひ一度、大田区の蒲田、雑色、六郷、川崎、梅屋敷エリアのマルエツかまた店2FにあるF.C.C.蒲田整骨院にご相談ください!

 

F.C.C.蒲田整骨院情報

F.C.C.蒲田整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 F.C.C.蒲田整骨院
所在地 〒144-0052 東京都大田区蒲田5-47-7 マルエツかまた店2F
電話番号 03-6424-9989
休診日 木曜日
診療時間 【全日】10:00~20:30 最終受付20:30
アクセス方法 【電車】東急池上線/京浜東北線/東急多摩川線 蒲田駅東口より徒歩5分
診療時間
10:00~20:30


// PC・タブレット(スマートフォン以外)で表示させたい内容