こんにちは。

大田区の蒲田、雑色、六郷、川崎、梅屋敷エリアのマルエツかまた店2FにあるF.C.C.蒲田整骨院です。

ビジネスマンで肩凝りに悩まされている方は多いと思います。

原因はデスクワークではなく、そのカバンに原因がある場合があります。

gahag-0096058282

 

ビジネスマンが持ち歩かなくてはならないものは非常に多いですよね…

最近はスマートフォン、手帳、Wifiルーター、タブレット、ノートPC、モバイルバッテリーなど何かと荷物が多くなりがち、そして重くなりがちです。

そんな重いカバンを長時間持つと身体が歪んでしまいます。

片手で持つ

片手で持つと、持ち手側の肩が下がらないよう、自然と持ち手側の肩が上がってしまうので、歪みが生じてしまうのです。

肩からかける

肩にかけると手で持つよりは楽になりますが、自然とカバンをかけてる側の肩が上がり、身体が歪んでしまいます。

身体の歪みは肩凝りを誘発します。

かばんを持つこと自体が、姿勢を支える筋肉に影響を及ぼし、さらに首や頭の筋肉を緊張させるからです。毎日持つかばんにより筋肉の緊張状態が続くと、真っ直ぐに立った時に、体が傾むくといった姿勢の変化が見られるようになることもあります。

こりのある肩から首にかけての筋肉に、ショルダーバッグのショルダー(ベルト)が当たり、少しでも重さが加わると、痛みを感じる神経を刺激してしまったり、さらに血行が悪くなり筋肉が硬くなったりすることもあります。

身体の歪みは肩凝りを誘発しやすくなる。

肩凝りの対処策

とはいえ、ビジネスマンは手ぶらで活動することはまず出来ませんので、肩凝りを軽減させるべく対策を取りましょう。

まずは出来るだけカバンを軽くしましょう。

これがないと仕事が出来ないというものだけを残し、その他の物は極力持たないように工夫しましょう。

それが難しい、どうしても量を減らせないという場合はリュックに変えてみましょう。

左右均等に荷重が掛かるリュックにするのも効果的です

最近では自転車通勤者を中心にビジネスマンでもリュック愛好家が増えてきています。

それでもやっぱり肩こりには悩まされてしまうと思います。

そんな時は、大田区の蒲田、雑色、六郷、川崎、梅屋敷エリアのマルエツかまた店2FにあるF.C.C.蒲田整骨院にぜひご相談下さい!

大田区の蒲田、雑色、六郷、川崎、梅屋敷エリアのマルエツかまた店2FにあるF.C.C.蒲田整骨院では、

症状に対して、どういった状況であるか細かく問診・検査し専門の治療家が症状安定へのプロセスを導きます。

また、ライフスタイルや使用頻度等も考慮し適切な通院指導も提案させていただきます。

腰痛でお悩みの方ぜひ一度、大田区の蒲田、雑色、六郷、川崎、梅屋敷エリアのマルエツかまた店2FにあるF.C.C.蒲田整骨院にご相談ください!

 

F.C.C.蒲田整骨院情報

F.C.C.蒲田整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 F.C.C.蒲田整骨院
所在地 〒144-0052 東京都大田区蒲田5-47-7 マルエツかまた店2F
電話番号 03-6424-9989
休診日 木曜日
診療時間 【全日】10:00~20:30 最終受付20:30
アクセス方法 【電車】東急池上線/京浜東北線/東急多摩川線 蒲田駅東口より徒歩5分
診療時間
10:00~20:30


// PC・タブレット(スマートフォン以外)で表示させたい内容