こんにちは!

大田区の蒲田、雑色、六郷、川崎、梅屋敷エリアのマルエツかまた店2FにあるF.C.C.蒲田整骨院です。

5ef09d6bd9249fb50b47738efb797d2b

今日は突然起こる「ギックリ腰」について。

一度ギックリ腰をしてしまうと、どうしても腰をかばうように生活してしまいますよね。

一度治っても、ふとした時にまたズキっと痛みが走り「ギックリ腰」に…なんてこともありますよね。

本当に痛い時はからだを動かしたりもできませんよね…

そんなに痛い「ぎっくり腰」ですが、最近の腰痛ガイドラインでは長期間安静になっていては良くないとされています。

日本の最新の「腰痛診療ガイドライン2012」を見ると、腰痛になった際に「安静にしないこと」が勧められています。

特にベッドで安静に横たわることを勧めず、患者を安心させて、できるだけ動くようにさせるよう指導されているのです。

ベッドでの安静は最大2日までで、動けるなら初日からどんどん動ける範囲で動いたほうがいいとされています。

 

ではなぜ安静よりも動いたほうがよいのでしょうか?

痛みの様子をみながら日常活動は続けることが後々の痛みの改善につながるという研究結果が報告されています。

欧米のガイドラインではベッド上の安静が逆に痛みを悪化させるとも述べています。

日本でぎっくり腰を起こした人に対して行われた調査では、

「腰痛が治るまでできるだけ安静を保つように指導された人」と、「動ける範囲内で活動するよう助言された人」の、翌年の再発率を調べたところ、

安静を指導された人のほうが、動ける範囲内で活動を指導された人の3倍も、ぎっくり腰を再度起こしていたのです。

痛いからと長期間寝たきりでいると痛みが引いた後にまたすぐに何かの拍子で痛みが出やすいのです…

痛い場合には、サポーターやコルセットの助けを借りてでも、動くほうがいいんです。

どうしても動けないときに数日くらい休むのは、しかたないでしょう。

でも、できるだけ早く前の生活に戻る努力をするべきです。そのほうが、慢性化して長期間休職したり離職したりという事態を防げます。

 

ここでもう一つ注意しなければならないのが、長期間のコルセット装着です。

コルセットは腰が不安定な状態のときには役立つが、長くつけたままにすると、筋肉を甘やかし、かえって腰痛を招く危険が高いのです。

コルセットはあくまで、うかつな動きをすると強い痛みが走るような状態のときだけと考えたほうがいいです。

 

それではなぜ動いた方がいいのか説明していきましょう。

動くことの効用とは、椎間板の中央にありぎっくり腰の際にずれて神経に触ることが多い髄核(ずいかく)が、運動すれば自然に元の位置に戻るということです。

対して、安静にするとずれたままになりがちで、何かの衝撃ですぐに痛みの出やすい状態で固まってしまいます。

万が一ぎっくり腰になってしまっても動けるようならなるべく動くようにしましょう!

更に痛みが治まり動けるようになっても油断はしないでください。痛くない=治ったとは限りません。その状態で負荷をかけるとまた痛みが戻る可能性があります。

そのまま放っておかず、一度大森、梅屋敷、糀谷、川崎エリアのマルエツ蒲田店2階にあるF.C.C.蒲田整骨院にご相談へご相談下さい。原因を探りながら、一人一人に合った治療を行っていきます。

chiryou_hari

ぎっくり腰には鍼灸治療がお勧めです!マッサージだと痛めた筋肉に対して圧をかけるので、痛くなる場合があります。

鍼をすると、緊張している筋肉に対してピンポイントで狙えることができ、鍼の効果である自然治癒力を高めることで、痛みと炎症が早く引いていきます。

蒲田、大森、梅屋敷、糀谷、川崎エリアのマルエツ蒲田店2階にあるF.C.C.蒲田整骨院では、体に負担のかからない鍼灸治療をしていき、ストレッチや再発予防も行っていきます。

 

 

F.C.C.蒲田整骨院情報

F.C.C.蒲田整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 F.C.C.蒲田整骨院
所在地 〒144-0052 東京都大田区蒲田5-47-7 マルエツかまた店2F
電話番号 03-6424-9989
休診日 木曜日
診療時間 【全日】10:00~20:30 最終受付20:30
アクセス方法 【電車】東急池上線/京浜東北線/東急多摩川線 蒲田駅東口より徒歩5分
診療時間
10:00~20:30


// PC・タブレット(スマートフォン以外)で表示させたい内容