こんにちは!

蒲田、大森、梅屋敷、糀谷、川崎エリアのマルエツ蒲田店2階にあるF.C.C.蒲田整骨院です。

今回は膝の痛みについて書いていきたいと思います!

蒲田、大森、梅屋敷、糀谷、川崎エリアのマルエツ蒲田店2階にあるF.C.C.蒲田整骨院は表面化された症状だけではなく、原因を探り、根本的な治療を主体としております。

ea5bf8cf62c3cc771b918bf063e39c3c-300x187

 

①変形性膝関節症

関節には骨と骨の間に軟骨があるのが普通です。軟骨があることで骨同士がぶつかってしまうのを防いでいます。

ところが年齢とともに関節に炎症が起きると軟骨がすり減ってしまいます。すると骨に負担がかかり、骨の形も綺麗ではなくなり、

ボコボコしたいびつに変形するため、変形性関節症と言います。

症状としては、痛くて正座ができない、階段を降りるときに痛い、椅子から立ち上がる時に痛みが走るなどの症状が代表的です。

また炎症が強いときには夜寝ているときもチクチク、ズキズキと痛いという場合もあります。骨の変形が激しい場合、歩くたびに骨がぶつかり合って痛むようになりま

す。

②ランナー膝

ランナー膝は、大腿骨(太ももにある大きな骨)の外側にある靭帯に炎症を起こしているもので、走っている時や走るのをやめた時に痛みを強く感じます。

当然陸上競技の選手に多い症状ですが、短距離選手よりは中長距離の選手に多く、陸上選手以外では登山者などにも多く見られる症状になります。

③ジャンパー膝

膝の皿とすねを繋いでいる腱が傷ついてしまい、炎症を引き起こしている状態です。

ジャンプ競技やランニングにおいてよく見られる症状として知られていて、重症化している場合は腱が断裂を起こすこともあります。

膝の皿の下部分に痛みや腫れが生じて、特に成長期の子どもや背の高い人に発症しやすいと言われています。

④タナ障害

タナ障害は、膝の皿の太もも部分にあるタナと呼ばれる膜が炎症を引き起こしている状態を言います。

膝を曲げ伸ばしすることの多いスポーツにおいて多く見られる症状です。

スポーツの時に皿の内側部分に痛み、引っかかり感などを感じるようになります。

膝を動かす時、スムーズではなく関節と関節の間に何かが挟まるような、独特の感覚があります。

この症状は比較的若い年齢の人に発症しやすく、患者数は男性より女性の方が多いです。

 

膝の痛みを何とかしたいとお考えの方は蒲田、大森、梅屋敷、糀谷、川崎エリアのマルエツ蒲田店2階にあるF.C.C.蒲田整骨院にお任せ下さい!

F.C.C.蒲田整骨院情報

F.C.C.蒲田整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 F.C.C.蒲田整骨院
所在地 〒144-0052 東京都大田区蒲田5-47-7 マルエツかまた店2F
電話番号 03-6424-9989
休診日 木曜日
診療時間 【全日】10:00~20:30 最終受付20:30
アクセス方法 【電車】東急池上線/京浜東北線/東急多摩川線 蒲田駅東口より徒歩5分
診療時間
10:00~20:30


// PC・タブレット(スマートフォン以外)で表示させたい内容